ネイルサロンだけじゃない!ネイルスクール卒業後の就職先って?

ネイルスクール卒業後の就職先はネイルサロンだけじゃない!

ネイルサロンを卒業すると、多くの卒業生がネイルサロンへの就職を希望し就業していきます。けれど全ての卒業生がネイルサロンに就職するわけではありません。
このページでは、ネイルサロン以外の就職先についてまとめています。

①芸能人やモデル専属のネイリスト

芸能人やモデルの専属ネイリストとして活躍しているネイリストって憧れますよね。
ただネイルスクールを卒業してストレートに専属ネイリストになれる方はかなり稀です。芸能人の専属ネイリストになる方法は主に以下の2つのルートになります。

・芸能人やモデルが頻繁に来店するお店に就職し、そこで技術を認めてもらう
・コンテストに入賞し注目される存在になる

一度芸能人御用達のネイルサロンに就職しそこで特定の芸能人やモデルと顔なじみになり、舞台やコンサート、テレビ番組の収録などで使ってもらい専属契約する方法が多いようです。
また、ネイルスクールに在籍している間からコンテストに積極的に参加し賞を受賞するなどすると芸能人やモデルの目に留まり、芸能事務所などから声が掛かるケースもあるようですね。

最近はSNSで自分の作品を発信しているネイリストも多いため、施術例を多数SNSにアップすれば、もしかすると芸能人や芸能関係者の目に留まり声が掛かる可能性もゼロではありません。
自分の作品を積極的に発信するのはネイリストとしての活躍の場を広げる事になります。

ただどのようなルートを通るにせよ、ネイリストとしての確かな技術や知識がなければ認めてもらえません。華やかな世界を裏で支えるネイリストになりたいなら、それだけの実績や実力を身に付けなければ難しいです。
もし専属ネイリストになれると、年収は1000万円以上も夢ではありません。
誰の専属ネイリストになるかで年収は変わってきますが、ネイルサロンに勤務するネイリストよりも高い報酬が得られる可能性大です。

②ブライダルサロンへの就職

ネイルスクールの卒業生の中には、ネイルサロンではなくブライダルサロンへ就職する方もいます。
ブライダルサロンはホテルや結婚式場に併設され、結納や挙式、披露宴、二次会などについて相談出来る場所です。
結婚式では新婦がウエディングドレスを着てドレスアップしますが、ネイルもしっかりケアするケースも多いです。

ブライダルサロン専属のネイリストは結婚式に間に合うように新婦にネイルアートなどを施し、思い出に残る結婚式を演出します。
毎日何組も挙式をあげる大規模結婚式場ではかなり忙しくなりますね。年収は約200~300万円となり、ネイルサロンで働くネイリストと給与は大きく変わりません。

③ネイルスクール講師

ネイルスクール卒業後にネイルスクールの講師として働く方もいます。
スクール講師の場合、ネイルスクールを失業後にすぐに講師として活躍出来るのは稀なパターン。多くの講師が一度スクールを卒業し、JNA認定講師の資格を取得したりネイルサロンで働くなどして、サロンワークを経験した上で講師としてスクールに採用されています。

ネイルスクール講師になりたいなら、やはりJNA認定講師の資格があると有利ですね。
JNA認定校にはJNA認定講師を在籍させるなどの条件がありますのでニーズは高いです。
もちろんJNA認定講師になれないとネイルスクールの先生になれないわけではありませんが、資格があると給与が上乗せされたり優先して採用されるなどメリットもあります。

ネイリスト講師になると月収は約30~40万円が相場です。
スクールによって年収や待遇にも差がつくので、入職する前にじっくりスクール講師の募集を見比べて納得出来る求人を探しましょう。

講師はサロン就職後に目指すのが一般的

ネイルスクールの講師を目指すなら一般的には卒後にネイルサロンに就職して実務経験を積み、その上でJNA認定講師を取得するなどして実力と経験、実績を積み上げていきます。
ところが中には、ネイルスクール卒業後にいきなりネイルスクールの講師になってしまう方もいます。

ネイルスクール在籍中にJNECネイリスト技能検定1級や、JNAジェルネイル技能検定上級の資格を取得するなどしっかりとした実力があれば、まずは講師のアシスタントの立ち場から徐々にキャリアを積み、やがてメイン講師になる方もいます。
けれどストレートに講師になれる方は少数派ですしサロンワークを経験していないとネイル技術しか教える事が出来ません。

幅広い知識と経験を持った講師になりたいなら、まずは実務経験を積み多くのお客様と接してビジネスマナーやトラブル対処法、コミュニケーション力などを学ぶのが一番です。
様々な経験から教えられる事も多いはずですよ。